コンサル徒然日誌

東京都が時差通勤のポイント付与実証実験  東京都が、三菱総合研究所と組んで、時差通勤した人に独自のポイントを付与する実証実験を行います。ポイントの名称は「東京ユ ...

コンサル徒然日誌

習慣を改め、人生の解釈を変え、人生の覚悟を定める  多くの人が存在を信じる「運気」ですが、科学的には証明されていません。科学的には無理な気がしますが、運気とは何 ...

コンサル徒然日誌

70歳まで働くのが普通な社会に  政府は「70歳まで働く機会の確保」に向けた議論を開始し、希望すればすべての人が70歳まで働けるように、企業に高齢者の雇用機会を ...

コンサル徒然日誌

2019年は早くもインフルエンザ流行の兆し  インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しますが、今シーズンは早めの注意・対策が必要となりそうです。  厚生 ...

コンサル徒然日誌

労災発生件数の4分の1は高齢者  定年延長や、人手不足を背景として、働く高齢者が増えています。  現在では、65歳以上の労働者は、労働力人口の12.8%を占めて ...

コンサル徒然日誌

台風19号が上陸、東日本や東北に大きな爪痕  2019年10月12日(土)~13日(日)にかけて勢力が非常に強い台風19号が上陸し、東日本や東北に大きな爪痕を残 ...

コンサル徒然日誌

若者の間で資産形成への関心高まる  人生100年時代を迎え、退職後の収入が公的年金だけでは、老後資金が2,000万円不足するという、いわゆる「老後2,000万円 ...

コンサル徒然日誌

AIを利用した身近な業務改善  「AI?うちはアナログだから関係ないよ」という方も少なくないかもしれません。  しかし、「棚卸しのとき、長い商品名をパソコンに手 ...

コンサル徒然日誌

 副業・兼業に関する課題等は、これまで継続的に審議されてきましたが、2019年8月8日(木)に、「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方に関する検討会」が報告書 ...

コンサル徒然日誌

夏に多い労働災害「感電災害」  夏の労働災害といえば、すぐに「熱中症」が思い浮かぶでしょう。しかし、これと並んで、「感電災害」も夏場に集中して発生することはご存 ...

コンサル徒然日誌

激増する熱中症死傷者数  厚生労働省の発表により、昨年の2018年に職場で熱中症にかかった人のうち、死者が28人、労災の報告義務がある4日以上の休業者が1,15 ...

コンサル徒然日誌

育児休業取得率、女性は高水準・男性は低調  厚生労働省「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」により、最新の育児休業取得率(調査対象事業所における、出産者(男 ...

コンサル徒然日誌

3年間で30万人を正規雇用に  政府は、6月下旬に閣議決定される「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の原案に、30代半ばから40代半ばの就職氷河期世代 ...

コンサル徒然日誌

「災害時の基礎的事業継続力」は大きな武器  茨城県の建設工事の入札において、BCP認定、いわゆる国土交通省関東地方整備による「災害時の基礎的事業継続力」認定が総 ...

コンサル徒然日誌

2019年 茨城県のBCP認定建設会社が急増  茨城県では建設工事の入札において、総合評価では「BCP(災害時の事業継続力)」が2018年10月から加点になって ...

コンサル徒然日誌

 本日から2019年度、いわゆる新年度です。今日の11:40過ぎに菅官房長官から新元号「令和」が発表となりました。新たな元号に様々な予想があったと思いますが、ど ...

コンサル徒然日誌

今年も多い花粉の飛散量  今年も2月から多くの地域で花粉が飛散し始め、花粉症シーズンが到来しています。  毎日花粉症の症状に悩まされているという方も多いのではな ...

コンサル徒然日誌

国の障害者雇用率は1.22%  厚生労働省は、昨年2018年6月時点の国の機関(行政・立法・司法の43機関)の障害者雇用状況を公表しました。  障害者雇用率は1 ...

コンサル徒然日誌

「毎月勤労統計」不適切調査 2018年12月に発覚、2004年から  厚生労働省の「毎月勤労統計」の調査手法が誤っていたことが失業給付などの過小給付につながった ...

コンサル徒然日誌

建設会社における災害時の事業継続力認定とは  災害時の事業継続力認定は、建設会社が備えている基礎的事業継続力を各地方整備局が評価し、適合した建設会社に対する認定 ...