ハラスメント防止委員会立上げ品質・安全衛生・環境まで包括

マネジメント

パワハラ防止体制には指導力アップと定期監視の仕組みを  パワハラ防止には、根本的には指導力のアップ、コミュニケーションの円滑化が重要ポイントになります。  また ...

パワハラ対策の適切運用ため部下に自信を持って指導する

マネジメント

ハラスメント問題を考慮する時に大事なこと  ハラスメント問題を考慮する時に大事なことがあります。それは、 職場で指導的立場にある者として ハラスメント問題のグレ ...

パワハラ防止法における企業の体制構築ポイント

マネジメント

パワハラ防止法における企業の体制構築ポイント  パワーハラスメントについて規定したパワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)が2020年6月されており、2022年 ...

若手が求めるやりがいとパワハラ防止コミュニケーションの重要性

マネジメント

若手のやりがい、求められるコミュニケーション  マンパワーグループが行った、入社2年目までの若手正社員(22~27歳)を対象とした調査によると、仕事に「やりがい ...

職場におけるハラスメントの実態の連合調査2019から

人事・労務

仕事におけるハラスメントに関する実態調査2019  連合は、国際労働機関(ILO)の総会で「仕事の世界における暴力とハラスメント」に関する条約案が採択されるよう ...

男性の育児休業取得率とパタハラ(パタニティ・ハラスメント

コンサル徒然日誌

育児休業取得率、女性は高水準・男性は低調  厚生労働省「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」により、最新の育児休業取得率(調査対象事業所における、出産者(男 ...

法整備も間近!企業のパワハラの実態は?

経営のヒント

パワハラ法整備へ  昨今、マスコミでも大きなニュースとして取り上げられることが多い職場の「パワハラ」問題。パワハラ防止は、働き方改革の施策においても喫緊の課題と ...

国交省が睡眠不足による事業者の事故防止対策強化へ

コンサル徒然日誌

施行は2018年6月1日 睡眠不足の場合は乗務禁止に  国土交通省が、貨物自動車運送事業法などに基づく省令を改正し、事業者がドライバーを乗務させてはならない項目 ...

職場におけるハラスメントの実態とハラスメント規制の動き

人事・労務

職場でハラスメントを受けた・見聞きした人は5割超  近年、職場における様々なハラスメントが取り沙汰されており、その防止策や対応策が検討されています。  日本労働 ...

平成28年度 個別労働紛争件数にみる労働紛争の現状

人事・労務

総合労働相談件数は100万件超で高止まり  厚生労働省「平成28年度個別労働紛争の施行状況」(6月16日発表)によると、平成28年度の総合労働相談件数は113万 ...

企業が実施するメンタル不調対策が的を射ていない!?

人事・労務

ストレスマネジメントに関する調査  一般社団法人日本経営協会が実施した「組織のストレスマネジメント実態調査」の結果から、メンタルヘルス不調の要因と企業が行う対策 ...

実態調査にみる「職場のパワーハラスメント」の現状と予防・解決策

人事・労務

調査の概要  平成24年3月に厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」から「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」が公表されて5年 ...