グローリレイションのコンサルブログ

従業員の健康もリスクアセスメントしてみよう

従業員の健康もリスクアセスメントしてみよう

「リスクアセスメント」とは

 リスクアセスメントとは、事業場にある危険性・有害性の特定、リスクの見積り、対策の優先度の設定、リスク低減措置の決定の、一連の手順をいいます。

 事業者は、その結果に基づいて、適切な労働災害防止対策を講じる必要があります。
 この考え方を、従業員の健康管理に広げて適用しようとする取組みがあります。

健康管理に関するリスクアセスメント

 健康管理についても、リスクアセスメントのプロセスは、一般的なものと同様です。危険を洗い出して、そのリスクを見積もり、対策を検討していきます。

 たとえば、心筋梗塞の既往があり、複数の動脈硬化危険因子を持っている従業員が、月60時間の残業をしていたとしたら、リスクは、

  • 危険:心疾患の再発(危害の重大性が大きい)
  • 発生の可能性:危険因子複数持っていることから、高い
  • 危険への対応:過重労働への対策が取られていない

 といったことから、「非常に大きい」と見積もることができます。

リスク削減のためのプロセスが明確に

 このように見積もられたリスクを削減していくことが大切です。
 先ほどの例では、従業員にとっては「危険因子を減らすために、健康診断結果のどの指標の改善に取り組むべきか」、その上司にとっては「過重労働対策として、どの労務管理項目を改善するべきか」が明確になります。

 つまり、健康管理に関するリスクアセスメントを行うことにより、危険を「見える化」し、リスク削減プロセスを明確にすることが可能となるのです。
 一度、取り組んでみてはいかがでしょう。従業員の健康把握・管理は企業として重要命題です。

<出典:日本法令 http://www.horei.co.jp/>

【PR】働き方改革コンサルなら(株)グローリレイションへ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人事・賃金・退職金・労務コンサルはおまかせください。

(株)グローリレイションへのお問い合わせは

0299-56-4888まで

Return Top