グローリレイションのコンサルブログ

テレワークは普及したのか?(2019.09月調査

テレワークは普及したのか?(2019.09月調査

テレワークを巡る動き(2019.09月調査

 テレワークについては随分と世の中を賑わせた感がありますが、実際のところ進展しているのでしょうか?
 ちなみに当社では、在宅ワークの方にそれなりにお手伝いをお願いしていて、効果も上がっています。かなり遠方で能力の高い主婦の方もいらっしゃいます。テレワーク推進のために様々な工夫をしてきましたが、今では上手く運用できていると感じています。

 ところで、政府は2020年東京オリンピック・パラリンピック開催期間中の交通混雑緩和に向け、2019年7月22日から9月6日の約1カ月間をテレワーク・デイズ2019実施期間と設定し、テレワークの一斉実施を呼びかけました。

 今年は2,885団体が参加し、昨年の1,682団体を大きく上回りました。
 多様な働き方を実現する働き方改革の切り札としても関心を集めているテレワーク制度ですが、労働者たちにテレワークという働き方は広まったのでしょうか。

 株式会社ワークポートは、全国の転職希望者413人を対象にアンケート調査を行い、結果も公表していますので、概要を見てまいります。

約90%がテレワーク経験なし

 対象者に、「現在の会社(直近の会社)はテレワークを導入しているか」聞いたところ、「いいえ」と回答した人が68.8%、「わからない」が13.1%、「はい」が18.2%となり、テレワーク導入率の低さが明らかになりました。

 また、「これまでにテレワークをしたことがあるか」という質問には、約90%が「いいえ」と回答しました。
 テレワークが普及したとはいえないのが実状のようです。

テレワークをしたいと回答した人は70%以上

 一方、「テレワークをしたいと思うか」という質問では、「思う」「どちらかといえば思う」と回答した人は合わせて73.6%でした。

 理由としては、通勤時間をカットしてプライベートを充実させたいとの意見が多く挙げられました。また、働き方の多様化を支持する意見も散見され、さまざまなライフスタイルに合った働き方を望む声が見られました。

 普及状況に対し、労働者からの希望が高いことがうかがえます。

テレワーク制度の可能性

 今後、テレワークが広く普及することになれば、多くの人が感じている朝の通勤ストレスを大幅に解消することができ、また災害発生時の企業対応としても有効な手段となるでしょう。

 テレワークを含めた柔軟な働き方が容認されることによって働き手の幅も広がると考えられ、今まで何らかの理由で働くことができなかった層に対し就業の機会を創出することが可能となります。
 人材確保の点からも検討するべき制度だといえそうです。

参考ツイート

参考リンク

ワークポート:「テレワーク」についての調査
https://www.workport.co.jp/corporate2019.09/news/detail/693.html

<出典:日本法令 http://www.horei.co.jp/>

【PR】働き方改革コンサルなら(株)グローリレイションへ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人事・賃金・退職金・労務コンサルはおまかせください。

(株)グローリレイションへのお問い合わせは

0299-56-4888まで

Return Top