グローリレイションのコンサルブログ

社内失業者の実態 ~エン・ジャパンの調査から

社内失業者の実態~エン・ジャパンの調査から

「社内失業」に関する実態調査

 エン・ジャパン株式会社は、同社が運営する人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』上でサイト利用企業を対象に「社内失業」に関する実態調査を行いました。

 その結果、予備軍を含め「社内失業者がいる」と回答した企業は23%にも上っています。
 下記、調査結果を見ていきます。

社内失業とは?

 社内失業とは、「労働者が正社員として企業に在籍しながら、仕事を失っている状態」のことをいいます。

 本調査では、約7割の人がこの言葉を知らない、もしくは名称は知っているが意味は知らないと答えています。
 実際、社内失業者がどれほどいるのか気になるところですが、2011年の内閣府調査によれば、全国の労働者の8.5%にあたる465万人が該当しました。

社内失業者がいる企業は、予備軍を含めて23%!

 今回の調査では、現在、社内失業状態の社員がいると答えた企業は23%(いる:6%、いる可能性がある:17%)に上っています。

 業種で見ると

  • 「メーカー」28%(いる:7%、いる可能性がある:21%)が最多で、
  • 「流通・小売り関連」(いる:5%、いる可能性がある:20%)
  • 「サービス関連」(いる:8%、いる可能性がある:16%)

 と続いています。

 企業規模別では、

  • 「1,000名以上」が41%(いる:11%、いる可能性がある:30%)

 と顕著で、規模が大きいほど、社内失業者数も増えていく傾向にあるようです。

 社内失業者の属性で見ると、年代は

  • 「50代」57%
  • 「40代」41%
  • 「30代」26%。

 役職は、

  • 「一般社員クラス」80%

 と、「一般社員クラス」が圧倒的でした。

 職種は、

  • 「企画・事務職(経営企画、広報、人事、事務 他)」46%
  • 「営業職(営業、MR、人材コーディネーター他)」31%

 となっています。

社内失業者発生の要因は「該当社員の能力不足」、企業の対策は「再教育」

 社内失業者が発生する要因として、

  • 「該当社員の能力不足」(70%)が最多で、
  • 「該当社員の異動・受け入れ先がない」(51%)
  • 「職場での人間関係が悪い」(26%)

 が続きます。

 企業としての今後の対策としては、

  • 「該当社員への教育」(35%)が最多で、
  • 「特に何もせず、状況を見る」(22%)
  • 「職階の見直し」(21%)
  • 「自己啓発(学び直し等)の支援」、「賃金体系(基本給)の見直し」(いずれも20%)

 を検討しているとしています。

  • 仕事をしている風のまま、定年を目指しているように感じる。やる気の無さや意識の薄さをどのように改善させていけばよいのかが課題である
  • 解雇したいが、モンスター社員なので、訴訟を起こされる可能性があり、解雇できない
  • 成果が出なくても他の人と同じ基本給がもらえるので、比べたとき周りの士気を下げてしまう可能性がある

 上述のような社内失業についての具体的な悩みや課題の声が上がっており、企業は手を施そうと検討・対応するも、社内失業者本人の改善意識が希薄で対応には苦慮しているようです。

参考リンク

エン・ジャパン「800社に聞いた「社内失業」実態調査」
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/16439.html

<出典:日本法令 http://www.horei.co.jp/>

【PR】働き方改革コンサルなら(株)グローリレイションへ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人事・賃金・退職金・労務コンサルはおまかせください。

(株)グローリレイションへのお問い合わせは

0299-56-4888まで

Return Top