(有)郡司工業さん(神栖市)のISO9001サーベイランス2回目終了

(有)郡司工業さん(神栖市)のISO9001サーベイランス2回目終了

来年2021年はISO9001の初更新審査

 茨城県神栖市の(有)郡司工業さんが2度目のサーベイランスが完了し、是正指示も無く無事に完了した旨のご連絡を受けました。
 郡司工業さんは、これで来年には最初の更新審査を受けることになりますが、本当に早いものです。

 最初の認証取得に向かっての文書作成やルール策定のご支援をさせていただいておりますが、それからとても凄い勢いで改善を見せています。
 元々、現場の施工力には定評があり、マネジメント力アップや教育力向上のために取得に向かってきました。

 郡司工業さんがISO9001の認証取得を目指したきっかけは、同社が設立20周年を迎えるにあたり、一つの区切り・ケジメとして認証をしておきたいということでした。
 その内容は記事にして、過去に紹介しています。

(有)郡司工業さん(神栖市)のISO9001認証取得に立会い

次は品質と安全衛生と環境を統合したマネジメントシステム

 郡司工業さんは今年の2020年6月に新規格であるISO45001の認証取得を目指しています。施工工事をする業務にあって、安全衛生への徹底した取り組みは至上命題でもあり、永遠に配慮しなくてはいけないことでもあります。
 またCSRが叫ばれている昨今、環境への取組やBCP構築などもとても重要なことです。

 それらを睨んで、品質・安全衛生・環境の3統合マネジメントシステムを構築し、取得に向けて鋭意ご努力をしているものです。

労務管理や人事評価も進展

 ISO9001を認証取得してからの間、時代は進み、「働き方改革」も大きなテーマとなりました。
 働き方改革についても寸分の油断も無く進め、従業員満足度の高い、コンプライアンス意識の高い会社を目指すという郡司社長の使命感のもと、様々な整備をご支援してまいりました。

 就業規則についても、かなり拘りを見せている郡司工業さんなのですが、それもより機能的に改定しました。
 また、ISOを運用している会社でも教育訓練の個所などはアキレス腱になっているケースを散見するのですが、人事評価もきちんと評価させたい、あくまで従業員のレベルアップが目的であり人事評価と連動させなくてはいけないという意識も高く、評価基準も並行して進めている状況です。

 もはや「どこまで行く、郡司工業さん」という状態で、感心しまくりです。

人間力のアップと後進育成が次なるテーマ

 郡司社長と当社社長は、同じ年齢・同じ学年であり、共に52歳になります。
 思想もかなり似通い、共鳴することが多いのですが、人間修行・人格修養が大切であるということに大いに賛同しています。仕事の場面でも、イザという時には人間力や、人間としての素養が左右してしまうという考えです。

 従いまして、仕事という人生道場を通じて、人間力のアップと後進の育成をしていかなければいけないと、共に意気を新たにしています。

 以下のリンク先が(有)郡司工業さんHPです。
 いずれにしましても、郡司工業さんの今後の益々の発展を祈念し、今回のISO中継を〆たいと思います。

→ 有限会社郡司工業さんホームページ

 短期間を勢いよく走りながら、足場を固めて益々良い会社にしたいという心意気や本当に素晴らしく、良い思い出をありがとうございました。

【PR】ISO構築・運用コンサルなら(株)グローリレイションへ