社会人インターンシップをどう有効活用するか

2020年1月8日

社会人インターンシップをどう有効活用するか

社会人インターンシップを活用する企業が増加

 副業・兼業を認めたり、ギガワーカーやフリーランスで働く人を多用したり、企業の間でも柔軟な働き方を受け入れる動きが広がっています。そのような背景のもと、「社会人インターンシップ」を戦略的に活用する企業が増えています。

 今回は、社会人インターンシップを企業としてどう考えるかをまとめてみます。

社会人インターンシップとは

 インターンシップというと、学生向けをイメージされると思います。
 しかし最近では、既に本職を持っている方や、複数の職を持つ既卒の人材を対象にした社会人インターンシップを受け入れる企業が増えています。

 社会人向けの場合は、給与を発生させることがほとんどです。
 勤務時間は、平日に本業を持っている人も多いため、平日の時間外や土日、テレワーク等で人材を募集しているケースもあります。
 期間も1日から数カ月、夏期(冬期)休暇中等、柔軟に設定しているケースが多いようです。
 職種も、企画、マーケティング、新事業立上げ、ディレクター、デザイナー、ライター等多岐にわたります。

企業の社会人インターンシップの目的

 企業側の目的としては、優秀な人材の確保や雇用のミスマッチ予防など、雇用調整的に活用する場合のほかに、イノベーションの創出や新事業の宣伝といった戦略的な使い方をする場合もあります。

働き手のインターンの目的

 働き手にとってみても、本職の傍ら新キャリア形成をする準備、興味のある分野への職業体験、人脈拡大、刺激や収入の獲得といったメリットが多いのが特徴です。

社会人インターンシップの導入を考える場合

 仕事は検索して探す時代です。
 インターンシップも多分に漏れず、専用の求人サイトが多数存在します。まずはそれらを研究することから始めてもよいでしょう。

 そして、有期雇用や短時間雇用、アルバイトとどう違いを出すか、また、給与や各種届出規定等をどう設定するか、そして特に、求人・募集をどこでするか、などなし。

 自社に合わせた、戦略的かつ人材集めに有効なインターンシップ制度を活用するとよいでしょう。

<出典:日本法令 http://www.horei.co.jp/>

【PR】働き方改革コンサルなら(株)グローリレイションへ