差額ベッド代についての説明

差額ベッド代についての説明

差額ベット代について

 今回は差額ベット代についてのことをかいてみました。
 おそらく入院したことがある人でないと、実感がわかないと思いますが、
説明していきます。

 まず、差額ベッドの正式名称は「特別療養環境室」といいます。
この特別療養環境室を満たす条件は次の4つの条件があります。

1、1室にベッドが4床以下であること。
2、1人あたりの面積が6.4㎡であること。
3、ベッドごとにプライバシーを確保する設備(仕切りカーテン等)があること。
4、個人の私物収納設備、照明、小机、椅子等があること。

 以上の条件が必要となります。

 通常の入院は6人部屋などの大部屋です。この場合のベッド代は入院費に含まれます。

 中には「大部屋ではプライバシーがなくて嫌だ。」という患者さんもいます。患者さんが希望すれば個室に入院することができます。

しかし、この個室を希望する患者には差額ベッド代を請求してもよいことになっています。

 ここで注意しておかなければいけないのは、差額ベッド代は健康保険が適用されないということです。
 その上、高額療養費制度や所得税の医療費控除などの対象にもならず、全額自己負担になってしまいます。

 入院する際にはいくつかの同意書や確認事項が説明されますが、しっかりと話を聞いておくようにしましょう。

 入院が決まった際には、

1、差額ベッド代がいくらなのかを確認する。
2、しっかりと同意書を読み、理解したうえでサインをする。

以上のことが大切になります。

 差額ベッドを理解した上で入院し、費用の面でも納得行く上で入院生活が送れたらいいですね。
 ということで、今回は差額ベッドを説明させていただきました。


このエントリーを含むはてなブックマーク  

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«