販売管理講習と自動化システムの作成実践

2010年11月02日

本日は、販売管理ソフトの使用の講習と自動化システムの作成と、見積・受発注・請求等の基幹業務についての実践を行った。

販売管理ソフトの講習【OFF-JT】

本日は昨日に引き続き、販売管理ソフトの使用についての講習を受けた。

今回は、「見積」から「受注」に移行する段階を学んだ。

これは自社の販売ソフトの中で行えるもので、見積書通りであれば簡単に「複写」をクリックするだけで完了する。

「見積」の内容が異なってしまったら、「見積書」の内容から変更し、確定させてから「複写」をクリックするだけというシンプルで簡単な作業だと感じた。

しかし、今までを振り返ると簡単な作業が出来ていない自分を思い知らされるばかりだ・・。
まだまだ覚えなくてはいけないこと、身につけなくてはいけないことがたくさんあるので、教育訓練を有効に活用していこう。


自動化システムの作成の実践【OJT】


自動化システムの作成と、見積・受発注・請求等の基幹業務についての実践を行った。

お客様のデータを見ていって実践をしていたのだが、気づいたことは、実務上必要な数式は結構限られてくるということだ。

給与計算関係で多用するのは、

・VLLOKUP
・IF
・ROUND関係

な気がした。以上の数式をマスターできれば、応用も出来るようになってくる。

他にもエクセルの便利な技はたくさんある。

ある条件に当てはまるセルを色付けしたりする便利な機能を学んだので,記述します。

(例)月の予定をエクセルで管理する場合

休日の土曜日、日曜日を色付けして管理したいというときは、

1、ツールバーの「書式」をクリックする。
2、その中から「条件付き書式」をクリックする。
3、「セルの値」が「次の値に等しい」」「土」というふうに設定する。
4、設定内の「書式」をクリックし、「パターン」のタブから好きな色を選択し、「OK」をクリックする。
以上の工程で土曜日が好きな色に出来る。

他にも曜日の自動設定の技があるので、勉強してまたご紹介したいと思います。

明日は、時間が出来ると思うので、また家でも実践してみることとしよう。

タグ

2010年11月02日|トラックバック (0)

カテゴリー:エクセルの技, カテゴリー:販売業務

このエントリーを含むはてなブックマーク  

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.growr.jp/mt/mt-tb.cgi/14

関連記事 (カテゴリー:エクセルの技, カテゴリー:販売業務)

ただいまの特別オファー!

2017年12月採用情報
社会保険労務士補助・事務員求人急募! ←採用サイトへ
2016年07月新メニュー
ISO:2015年版(9001・14001)規格改訂コンサル おすすめ!
2015年08月新メニュー
中小企業のためのマイナンバー導入と対策支援 おすすめ!
2013年01月クール
茨城県界隈での給与計算代行・アウトソース お手軽にどうぞ
2013年01月中断中
社長補助まるごとサポートプラン(営業・総務・ITなど統括)

このページの先頭へ