プレゼン資料作成と効率性のある電話営業

2010年11月22日

本日はプレゼン資料作成講習と顧客リスト整備、電話営業の実践、プレゼン資料作成を行った。
リスト整備を行った先に、どんどん電話を掛けて、非常に効率のいい営業が出来た。

今後も少ない時間でたくさん営業出来る電話営業を行い、より多数の方にご案内できるようにしていきたい。

プレゼン資料作成講習

本日も前回に引き続きプレゼン資料の作成講習を受けた。

前回は文字だけでなく、グラフや表を効果的に使うという講習を受けた。

そこで本日は、パワーポイントにて、視覚的に相手に訴える手段である、スライドショー・アニメーションの作成における講習を受けた。

ツールバーの「スライドショー」をクリックすると、その中に「アニメーションの設定」というものがあるのでそれをクリックすると「アニメーションの設定」という作業バーが出てくる。

その中の「効果の追加」をクリックすると様々の形で文章や図をクルクル回らせたり、飛び出すように動きをつけたりと面白いように表現することが出来る。

あらかじめ大事なところを表示させないでおいて、ここぞというときに大きな文字で伝えられたら、非常に印象に残るものになることと思う。

ただあまりにもアニメーションを用いすぎると、自分が管理できる範囲であればいいが、自分で分からなくなってしまうことも考えられる。
その上見るほうも疲れてしまうので、アニメーションは重要なところを確実に印象付けるものとして、効果的に使うのが望ましいと感じた。


電話営業とプレゼン資料作成


前回までの顧客のフォローとは違い、電話にて営業活動を行った。

最近は、直接企業を訪問する営業を行っていた。1時間外回りの営業をしたときの訪問数は平均して、約6件であった。
これに移動時間と交通費もあり、時間と費用もかかってしまっていた。

その点、本日の電話営業の成果は、1時間半で50件電話による営業が出来た。
電話代は「IP電話のスカイプ」を使っており、実質無料である。


直接訪問に比べて電話営業は、ほぼ無料で約10倍にも匹敵する営業活動が行えるわけである。

しかし、口頭だけの説明になってしまい、よほど説明が上手でなければ要件が確実に伝わらないように感じる。

そこで現在、電話とFAXを組み合わせて営業を行っている。
紙面の方が詳細な説明が出来る上に、HPのURLを掲載しておけば、そこから集客にも繋がるものになる。

直接お客様とお会いできる訪問営業もいいが、時間と費用のかからない電話営業も効率的であり、重宝する営業方法である。

電話営業でさらなる「提案」・「案内」を増やすことが出来るように話法を考え直し、シンプルで分かりやすい説明が出来るようにしていきたいと思う。

プレゼンの資料では、パワーポイントに直接入力し、視覚的に訴えることが出来る資料作りを行った。

プレゼンにおいて表やグラフというように、視覚的に大事なところを伝えたいなら「パワーポイント」を使用。
レポートのように文章の量が多くなり、読むものとして相手に伝えたいときには「ワード」を使用する。
これらの2つはそれぞれのプレゼンの形・用途によって使い分ける必要がある。

それからファイルをPDFにすること出来るソフトを持っていれば、パワーポイントもワードやエクセルと同様にPDFにすることが出来る。
これを使って印刷すれば、スクリーンだけでなく、見やすい資料の作成という点でも非常に便利なツールとなる。

タグ

2010年11月22日|トラックバック (0)

カテゴリー:営業活動

このエントリーを含むはてなブックマーク  

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.growr.jp/mt/mt-tb.cgi/32

関連記事 (カテゴリー:営業活動)

ただいまの特別オファー!


このページの先頭へ