グローリレイションのコンサルブログ

夏は交通事故発生件数増加~確認したい企業の各種責任

夏は交通事故発生件数増加 確認したい企業の各種責任

交通事故の発生が多い「7月」

 交通事故の発生が最も多いのは12月、次いで7月です。
 いずれも長期休暇のタイミングで交通量が増加することが一因と考えられますが、特に7月は、「天候」も事故の大きな要因となります。
 梅雨や台風など、夏特有の天候の急変に注意が必要です。

 たとえば、梅雨時は、視界が悪化したり、雨音で外部音が遮断されたりすることなどによって注意力が散漫になりがちです。スリップ等の危険もあります。
 また、台風等で急に激しい雨風に見舞われる場合には、乾燥していた道路に溜まっていた泥や埃が水分に混ざり、通常の雨の場合よりもさらに滑りやすくなることが指摘されています。

自動車事故が起こった場合に事業者が負う責任

 従業員が起こした自動車事故について、事業者が責任を負うこともあり得ます。
 社有車で業務中に起こした事故では企業や管理者の側が運行供用者となり同時に使用者責任も負うことは広く知られていますが、無断で社有車を私用に使っていた場合の事故であっても、従業員が社有車を私用するまでの経緯やそれが業務とどう関連するのか、日常の使用状況などを総合的にみて判断されます。

 マイカーでの事故も、企業が業務でマイカーを使うことを認めていた場合、原則的には社有車を使用していたのと変わらないため、会社の運行供用者責任・使用者責任が問われます。
 マイカー通勤時の事故についても、企業が積極的にマイカー通勤を推奨しているような場合には、責任が発生する可能性が高くなります。

事故を起こさないための対策が必要

 従業員の交通事故において、企業側が責任を免れることはとても難しいものです。
 これを踏まえれば、交通事故の危険性が高くなるシーズンを前に、改めて安全運転について徹底することが求められます。

 業務や通勤で自動車を使用する従業員に対し、再度の教育を行うことも有用であるといえます。

<出典:日本法令 http://www.horei.co.jp/>

【PR】建設会社BCPコンサルなら(株)グローリレイションへ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

人事・賃金・退職金・労務コンサルはおまかせください。

(株)グローリレイションへのお問い合わせは

0299-56-4888まで

Return Top